ウーファーセンターズレ原因判明(^_^;)

ボイスコイルを外した後、試しに隙間へラッカー薄め液(シンナー)を少量たらしておきました。
先程、隙間にマイナスドライバーを差し込んで、こじったところ
センターポールが動くではありませんか。
接着が弱くなり、強力な磁力に引っ張られて一方へ寄ってしまったということでした。
高い授業料になりました。。。。(ToT;

教訓!!(このウーファーのようにセンターポールが接着剤のみで固定されているもの)
センターポールを固定している接着剤は、シンナー系の溶剤で溶ける。
エッジ貼り替えに使用するシンナー系溶剤は、最小限とする。
揮発したシンナーがボイスコイルの隙間から磁石回路内に進入する可能性があるため、風通しのいい場所で溶剤を乾燥させ、完全に乾いてからエンクロージャーへ取り付けること。

私のブログを見て、やってみようかな・・・と思った人は、十分注意してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

bega32
2008年06月30日 07:43
こちらにも書き込みします。~センターヨーク(バックプレート)をマグネットに接着して居るのはエポキシで溶剤では解けません~外れたのは、ヤマハの接着剤の選定ミス(永年変化~錆び)によるものです。~参考までに~ウーハー修理して居る者です。

この記事へのトラックバック