LA315の現状

SOLOPRO 290 LA315は、現在こういう状態になってます。

画像

メインローターグリップが付いていません。。。。

画像

こういうことになってしまいました。
と、言うのは、標準付属のプロポJ6で操縦している範囲では、安定した飛行が出来る状況になってきていたので、この辺で手持ちのフタバプロポT7Cで操縦できるようにしたくなり、変換アダプター「GENERAL RINK」を購入して、試してみた・・・・と言う訳です。
画像


もちろん、取説の指定による各種設定はわかる範囲実施しました・・・・あくまでも分かる範囲・・・Nine Eaglesの設定表示とフタバの設定表示ではかなり異なっているので迷いましたが。。。。
ただ、スロット(3CH)がJ6プロポでは「NOR」なのにT7Cでは「REV」にしなくてはなりませんでした。
それと「ジャイロ感度」設定の設定値がJ6で「21-25」とされている意味が分からず適当に設定した・・・・これが誤りだったのかな~~

いきなり屋外でのフライトには不安があったので、室内でのホバリングに挑戦してみました。
ローターの回り始めで、向きの調整にラダーをほんの少しだけ打ったのに、大きくテールが回ってしまう現象になたため、ジャイロ感度を80%に上げて・・・・・なんとか離陸。
ホバリングはなから安定していたので、これでOKか、、、、と、着陸させようとスロットルスティックをゆっくり下げ、着地---と思った瞬間、ポンポン跳ねるではありませんか。。。。。20~30Cmぐらい飛び上がっては降りる(@_@;
慌てて、スロットルスティックをいっぱいに下げてモーターを止めたけど、惰性で回っているローターが、近くにあった段ボール箱を思い切り叩いてしまった。
****写真はありません****

で、エレベータサーボとエルロンサーボが逝ってしまいました。。。。Nine Eaglesのサーボはギアがすぐ欠けてしまうので、E-Skyのサーボに3個とも交換することにして、メインシャフトはスペアに交換、スピンドルシャフトは曲がりを矯正して、プロポをJ6にバインドし直して机上テストで動作確認後、室内ホバリングを試みることに。
しかし、しかし離陸直後傾き発生、エルロン当て舵打つも柱に激突、スロットルは切ったのでメインギアはなめずに済んだけど、ローターグリップが2個欠けた・・・・・。
さすがに今度はサーボは無事だった・・・・けど。
原因がイマイチ不明、、、スピンドルシャフトの曲がり矯正が悪かったか???。。。。
****これも写真はありません****

そんなこんなで、曲がったメインシャフト・スピンドルシャフト・テールドライブギア(フロント)等で手持ちのスペアパーツが有ったものは交換。
手持ちに無かったローターグリップを発注して、今の状態になっているってことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック