テーマ:DIY

ウーファー取付方法変更

しばらくぶりの更新になりました。 スピーカーシステムYAMAHAのNS-890改のウーファー、フォステクスのFW-305の取付けをタッピングネジで締め付けとしたのですが、その後増締めしたところバッフル板がパーティクルボードの為に繊維が崩れ何本か空回りしてしまっていました。 そこで、爪付きナットを使ってのビス締めに変更することにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NS-890のウーファーをフォステクスFW305に交換の結果

 http://blog.t-yoko-zero.jp/200801/article_9.html で交換したウーファー フォステクスFW305の試聴の感想です。  まだ十分エージングは出来ていないとは思いますが、昨日色々なジャンルの音楽(主にLPレコード)を聴いてみました。    スピーカーシステムの見た目は  のとお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウーファーユニット交換

 YAMAHAのNS-890のウーファーの内一本が完全に使用不能になってしまったのは、先に書いたとおりです。  しかし、エンクロージャーはもちろんスコーカー・トゥイーターは健在なので、捨てるのはもったいない。  ということで、ウーファーユニットを交換することにしました。  YAMAHAで同程度のものが新品又は新同品であればそれに越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウーファーセンターズレ原因判明(^_^;)

ボイスコイルを外した後、試しに隙間へラッカー薄め液(シンナー)を少量たらしておきました。 先程、隙間にマイナスドライバーを差し込んで、こじったところ センターポールが動くではありませんか。 接着が弱くなり、強力な磁力に引っ張られて一方へ寄ってしまったということでした。 高い授業料になりました。。。。(ToT; 教訓!!(こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウーファー解剖!?

信じられない状況でした。 先ほどの書き込みの後、ボイスコイルの取り外しに挑戦した結果。 こじって、こじって、こじって、、、コイルが断線してもいいってくらいこじって。。。 ようやく外せました。 こんなことが有り得るのでしょうか??? YAMAHAの人に見てもらいたいくらい。 完全にセンターポールがずれています。 どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウーファーの1本が・・・死んだ!!

NS-890のウーファーが片方死にました・・・しかも考えられない原因で。。。。 昨日まで、ちゃんと低音が出ていたのに、今日突然出なくなった。 コーン紙を押してみると、動かない!? ユニットを外してコーン紙を上下にゆすってもびくともしなくなっていました。 エッジ貼りのセンターズレかと思って、センターキャップを外してみました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スピーカーエッジ修理その後

出来たばかりのエッジは、かなり柔らかくて、低音強めかな? と思われるくらいでしたが。 エッジが乾くにつれ、適度な硬さを持つようになり締りがさらに増して音も落ち着いて来ました。 ところが、エッジを指で押してみると、場所により硬さにムラがあることが分かりました。 リコンシーラントを塗った時に厚さが均一にならなかったと思われます。 素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NS-890のエッジ修理後記

 ヤマハのNS-890は、有名(?)なNS-1000シリーズの下位機種として1978年に発売されましたが、今回エッジの修理をしたものは発売してすぐの頃に購入したと記憶しています。  購入から数年はオーディオらしい使い方をしていたのですが、その後狭い団地暮らしになって、音が出ていればいいって言う程度の使い方をしていて、しばらくしてエッジ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

NS-890のウーファーエッジ交換

 スピーカーのNS-890は10年以上前からウーファーのウレタン製エッジが老朽化して穴が開き始めており、一昨年(2006年)の暮れにセーム皮のエッジに張り替えてありました。  それなりに効果があってしっかりした低音が出るようになってはいたのですが、昨年の12月中旬に突然ウーファーから異音が出て、手で押してみるとボイスコイルが擦って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more